人生で1番しんどかった時期 クリスタルヒーラー服部美保子が出来るまで(3)

埼玉県朝霞市のクリスタルヒーリング スクール&サロンYou Earth Me(ユーアースミー)
服部美保子です。

◆しんどい事も、必要だった。

ただいま自己紹介代わりの半生記を連載中♪

(序章)クリスタルヒーラー服部美保子が出来るまで
(1)「普通」が辛かった義務教育時代
(2)パワーストーンで人生大逆転!?

「バカみたいに楽しかった」のお次は「人生で1番しんどかった時期」。

急転直下(笑)

高校入学した時点では、高卒で就職するつもりだったんです。

だから就職に強い学校の商業科を選びました。

でも2年生の時に、「宝石鑑別士」という石に関われる仕事を知って、ジュエリーの専門学校に進学。

ジュエリーの制作方法や、宝石学を学びました。

そして「石がきれい」と評判のジュエリー製造卸会社に就職。

(初任給で買った、プラチナ枠のアクアマリンの指輪は、40歳過ぎた今の方が似合う。)

この会社には4年間勤務。

最初の1年弱は何もわからず仕事にまっしぐら。

もともと事務能力はある方なので、テキパキとできていたと思います。

ところが、失恋で(今となってはノーカウントw)メンタルが落ちた私は、仕事でミスを連発。

若かかったなー。

精神的にも病んでいて肩や首が辛かったし、電車の中で涙を止めることもできない。

通勤途中、腹痛で途中下車するとか、突然大量の鼻血が出るとか・・・。

病院に行っていたら、きっと『うつ病』診断されていたでしょう。

行かなくて正解だったけど。

新しい恋(夫です)で傷が癒されたあとは、職場での人間関係に悩みました。

会社の先輩に精神えぐられるような言葉でw、毎日怒られてました。

↑ザックリ書いているけど、割と最近までトラウマ残っていた。

その先輩は、恐怖以外の何物でもなかったです。

怒られる理由は、(私が悪かったな)という事もあったし、理不尽に感じる事もありました。

ミスをする
 ↓
怒られる
 ↓
恐くて集中できない
 ↓
ふりだしに戻る。

まさに「魔のループ」!

高校時代は優等生で華々しく、自信満々だった私はすっかり自信喪失。

通勤の時に駅のホームで(ここから飛び込んだら楽になれるかなぁ・・・)と思っていました。

ヤバ過ぎる!

でも、あるとき気づきました。

私がやりたい事って、なんだったっけ?

宝石が嫌いなわけではない。

ジュエリーを身に付けるの、好きだし。

・・・私が好きなのって、パワーストーンだよね!

今さら(笑)

私が就職する頃は「鉱物やパワーストーンの仕事で正社員」なんて発想なんて、なかったんですけどね。

働くって、仕事ってなんだろう…

人間関係で会社を辞めるってどうなんだろう?

ずっと模索していました。

それが、ある日突然、(あ、やめよう。)って思ったんです。

それは、いつものように先輩に怒られた時。

いつものような怒られ方だったんだけど、なんで、こんなことで怒られなきゃいけないんだ?って。

給料面とか、休みも微妙に少なくて、私用で有給取りづらい雰囲気とか、通勤時間に往復3時間かかるとか。

やりがいがあれば頑張れたかもしれない。

だけど、私はそうじゃなかったから…(←これは私の問題だけど)

考えてみたら、

使えない人間を雇っている会社にとっても、やりがいを見出せない私にとっても、双方に良いところないじゃん、って。

それで、退職しました。

ただ、これも必要な出来事だったんだなぁ、と今は思います。

例えば、夫とはジュエリーメーカー勤務の取引先だったのですが・・・

先輩の隣でビクビク、しおらしくしていた私を見て、(可愛いなぁ、守ってあげたいタイプだなぁ)と思っていたそう。

いざ、つきあって、結婚したら、大違い(笑)

結婚してしばらくした後に、「今の私を知っていたら結婚していたと思う?」と聞いたら、

「それはないね。結婚どころか、つきあってもいないね。元気な所を見てたら、俺がいなくてもいいじゃん、って思う。」

という回答。

あの当時”だけ”辛くて、大人しかったのは、絶妙なタイミングでしたね(笑)

その辺りの話は「ツインソウル ~おっとりことり~」というプライベートブログで語っています(^v^)

こんな感じで書いています(笑)
ただ、この時のことは後々まで影響がありました。