「普通」が辛かった義務教育時代・クリスタルヒーラー服部美保子が出来るまで(1)

埼玉県朝霞市のクリスタルヒーリング スクール&サロンYou Earth Me(ユーアースミー)
服部美保子です。

◆「好き」より「嫌い」が多かった子供時代

昨日から自己紹介代わりの半生記を綴っています。

クリスタルヒーラー服部美保子が出来るまで(序章)

 

突然ですが、あなたの子供の頃の夢って何でしたか?

私は幼稚園~小学校までは「おかしやさん」「おはなやさん」「保母さん」でした。

でも、本当の夢は「魔法使い」でした!

ただ、幼いながらに(魔法使いなんてなれる訳ないじゃん)と思っていて、それを口にする「イタさ」も分かっていたので、次点としてお菓子屋さんやお花屋さんと言ってました。

「保母さん」に至っては、なりたいなんて、これっぽっちも思っていなかった。

小学校の卒業文集で将来の夢を書かされた(←)のですが、(とりあえず何か書かなきゃいけない)と思って、当時上位だった職業を書いただけ(笑)

小中学校時代は、周りを斜め上から見るような子供でした(^^;)

私の家族は父、母、兄の4人家族で、まぁ至って普通の家庭。

家族で出かけたりもしたし、「勉強しなさい!」って普通に怒られたりもしたし。

でもその「普通」が私にとっては、生き辛かったのだろうなー、と思います。

「小中学校の頃の思い出は?」って聞かれて、楽しいこと思い出せないんだもん。

逆に嫌なことは思い出せるわ(苦笑)

成長するにつれて嫌いになったものがあって、それは絵を描くこと。

5歳くらいまでは好きだったんですよね。

それが、幼稚園の卒園アルバム用の絵を描いていた時のこと。

私は女の子の絵を描いていました。

おそらくこんな感じの、イラストチックなの。

ところが、幼稚園の「おえかきのせんせい」という名のじいさん(毒)が、

「人間には白目と黒目があるだろう!鼻には穴があるだろう!」と言って、クレヨンでグリグリグリー!

・・・

で、これ↓

今見ても可愛くない!(笑)

※この頃から鳥好きだったんだなー。

それからも、母から「お兄ちゃんは上手だけど美保子はね…」って言われたりして、絵を描くのはすっかり苦手に。

「色づかいはきれいだけど、子供らしい躍動感がない」という評価も受けました。
 
・・・とまぁ、こんな感じで、
 

とにかく親や学校が求めるような「子供らしい子供」になれませんでした。

そんな暗かった義務教育時代に、光が差し始めたのは、中学3年生の時。

 

次は「パワーストーンで人生大逆転!?」です♪

 

クリスタルヒーラーになってから、絵、描きました。
 
 
チャクラや天使界との繋がりを描いた図。
 
子供の頃よりも今の方が夢いっぱいだなー(^^)

 

お得いっぱいなLINE@
毎月遠隔ヒーリングプレゼント中☆